大会・競技会レポート

2012年スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島

大会総括

2012年2月10日(金)~12日(日)の3日間、福島県で「2012年第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島」を開催しました。日本全国33都道府県から574名のアスリートと320名の役員・コーチが参加しました。本大会は2013年の冬季世界大会・ピョンチャン(平昌)の国内選考も兼ねて開催されました。

大会期間中は県内・県外からのべ約3,500人のボランティアが集まり、大会を支えました。2011年の震災で大きな被害を受けた福島の地での開催でしたが、多くの皆様の支えの中で無事に大会を終えることができました。また、それだけではなくアスリート、ボランティア、大会に関った全ての人達の想いのこもった温かい大会となりました。

アスリートは、緊張の中でも自分の競技に集中し、全力を尽くしていました。アスリートの真剣に競技に取り組む姿や、喜びを素直に表現する姿は、それを応援するファミリー、ボランティア、またSOを初めて知って応援にかけつけてくださった方々に感動を与え、会場が一体となりました。

ヘルシー・アスリート・プログラム

大会期間中、アスリートの健康増進や競技能力の向上のための健康チェック、ヘルシー・アスリート・プログラムを2月10日、11日に実施しました。

今回も、地元医療関係者や学生など、多くのボランティアの皆様のおかげで、総勢413人のアスリートの健診を行うことができました。

体験プログラム

大会2日目の2月11日(土)に、沼尻スキー場にてスノーシューイングの体験プログラムが実施されました。体験プログラムでは本大会に参加していない各地区のアスリートや、SOのプログラムに参加していない知的障害のある方を対象に、スノーシューイングを体験してもらいました。アスリートやコーチ、ボランティアの人々との交流を通じ、スポーツの楽しさやSOを知ってもらう機会としています。

当日は天候にも恵まれ、総勢14名の知的障害のある方とバディと呼ばれる知的障害の無いボランティアがペアになって競技を楽しみました。

選手団交流会

大会2日目の2月11日の夜、選手たちの各宿泊会場では、選手団同士の交流を深めるための「選手団交流会」が行われました。それぞれの会場では、ボランティアの皆さんが工夫を凝らしたゲームや音楽、ダンスなどが行われ、楽しいひと時を過ごしました。

大会参加人数報告

選手団人数 (アスリート、選手団役員コーチ): 894名

アスリート

574名

コーチ・役員

320名


参加地区: 33都道府県 (含む2地区設立準備委員会)

<地区組織>
北海道、青森、山形、宮城、福島、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、
新潟、富山、石川、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、山口、
徳島、愛媛、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎

<設立準備委員会>
岩手、群馬


大会関係者: 353名

大会役員

47名

実行委員会

53名

競技役員

253名


ゲスト(来賓): 222名

参加ボランティア: 実数 2,323名 / 延べ 3,591名 (2月10日~12日※3日間)

観客数: 延べ 3,650名


2月10日

開会式(カメリーナ)

743名

2月11日~12日 ※概算

カメリーナ

1,000名

沼尻スキー場 1,200名
磐梯熱海アイスアリーナ 400名
2月12日

閉会式(カメリーナ)

307名

体験プログラム(スノーシューイング): 14名 (競技に参加しない知的障害のある方)

有森裕子大会会長、萩原美樹子 様 参加

ヘルシー・アスリート®・プログラム: 延べ 413名

区分 参加アスリート数
スペシャルスマイルズ(口腔) 138名
オープニングアイズ(眼科) 58名
ヘルシーヒアリング(聴力) 95名
ヘルスプロモーション(栄養・生活習慣) 67名
フィットフィート(足のケア) 34名
ファンフィットネス(理学療法) 21名

大会参加者総数: 約8,800名(ボランティア数及び観覧者数はのべ換算)

広報

■USTREAM: 20,455回 (3日間累計)
http://www.ustream.tv/recorded/20364101

日程 総視聴者数(PV) 最大瞬間視聴者数 当日配信順位
2月10日(金) 2,907 150 75位
2月11日(土) 1,337 47 103位
2月12日(日) 16,211 327 11位

■冬季ナショナルゲーム・福島ブログ:
http://blogs.yahoo.co.jp/yjch_sonippon/folder/501127.html

■face book(大会写真を掲載しています):
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.330158173695880.77265.181734761871556

メディア: 21社 延べ 155名

ドリームサポーター、ゲスト、司会、ビデオメッセージ


<開会式>
SO アンバサダー アポロ・アントン・オーノ
ドリームサポーター 森理世 様、 萩原美樹子 様、 北澤豪 様、 柴田亜衣
ゲスト 西田敏行 様、名取裕子
司会 町亞聖 様、 羽隅将一
ビデオメッセージ 吉永小百合 様、荒川静香
<閉会式>
ドリームサポーター 森理世
ゲスト 和合亮一
司会 唐橋ユミ

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop