大会・競技会について

「継続的なスポーツトレーニング」の発表の場

日常のスポーツトレーニングの成果を発表する場として、大会•競技会を開催します。
大会・競技会は、日常のスポーツトレーニングとは全く違う環境で、アスリートが不安や緊張と戦いながら自分のできるようになったことのすべてを発揮するチャレンジの場です。また、アスリートだけでなく、コーチ、ファミリー、ボランティアをはじめ、活動に関わる全ての人にとってもチャレンジの場であるとともに、アスリートや自分自身の変化に気づく大切な場です。

スペシャルオリンピックス日本のナショナルゲーム(全国大会)

ナショナルゲーム(全国大会)

スペシャルオリンピックス日本(SON)では、各都道府県の地区選手団が参加する夏季•冬季のナショナルゲーム(全国大会)を4年に1度、開催しています。

  • これまでに開催したナショナルゲーム(全国大会)

  • 1995年3月 第1回 夏季ナショナルゲーム/熊本(参加:アスリート:137名、コーチ他:64名)
  • 1996年2月 第1回 冬季ナショナルゲーム/宮城(参加:アスリート:34名、コーチ他:17名)
  • 1996年6月 第1回 冬季ナショナルゲーム/福岡(参加:アスリート:45名、コーチ他:21名)
  • 1998年8月 第2回 夏季ナショナルゲーム/神奈川(参加:アスリート:200名、コーチ他:138名)
  • 2000年2月 第2回 冬季ナショナルゲーム/長野(参加:アスリート:134名、コーチ他:89名)
  • 2002年8月 第3回 夏季ナショナルゲーム/東京(参加:アスリート:888名、コーチ他:575名)
  • 2004年2月 第3回 冬季ナショナルゲーム/長野(参加:アスリート:697名、コーチ他:417名)
  • 2006年11月 第4回 夏季ナショナルゲーム/熊本(参加:アスリート:1,016名、コーチ他:560名)
  • 2008年3月 第4回 冬季ナショナルゲーム/山形(参加:アスリート:566名、コーチ他:330名)
  • 2010年11月 第5回 夏季ナショナルゲーム/大阪(参加:アスリート:1,042名、コーチ他:591名)
  • 2012年2月 第5回 冬季ナショナルゲーム/福島(参加:アスリート:574名、コーチ他:320名)
  • 2014年11月 第6回 夏季ナショナルゲーム/福岡(参加:アスリート:975名、コーチ他:593名)
  • 2016年2月 第6回 冬季ナショナルゲーム/新潟(参加:アスリート:614名、コーチ他:329名)
スペシャルオリンピックスのリージョナルゲーム(世界大会)

世界大会

スペシャルオリンピックスでは、オリンピック同様、4年に1度夏季・冬季の世界大会が開催され、スペシャルオリンピクス日本は日本選手団を派遣します。
世界大会に参加することで、海外のアスリートから学ぶ技術や、新たな目標など、この大会を通じて多くのことを得ることができます。

  • これまでに派遣した世界大会

  • 1995年7月 第9回 夏季世界大会/コネチカット(アメリカ)(参加:143ヵ国、日本選手団:30名)
  • 1997年2月 第6回 冬季世界大会/トロント(カナダ)(参加:70ヵ国、日本選手団:17名)
  • 1999年6月 第10回 夏季世界大会/ノースカロライナ(アメリカ)(参加:150ヵ国、日本選手団:45名)
  • 2001年3月 第7回 冬季世界大会/アラスカ(アメリカ)(参加:約70ヵ国、日本選手団:16名)
  • 2003年6月 第11回 夏季世界大会/ダブリン(アイルランド)(参加:約160ヵ国/地域、日本選手団:77名)
  • 2005年2月 第8回 冬季世界大会/長野(日本)(参加:約84ヵ国/地域、日本選手団:150名)
  • 2007年10月 第12回 夏季世界大会/上海(中国)(参加:164ヵ国、日本選手団:120名)
  • 2009年2月 第9回 冬季世界大会/アイダホ(アメリカ)(参加:95ヵ国、日本選手団:87名)
  • 2011年6月 第13回 夏季世界大会/アテネ(ギリシャ)(参加:170ヵ国/地域、日本選手団:75名)
  • 2013年1月 第10回 冬季世界大会/ピョンチャン(韓国)(参加:111ヵ国/地域、日本選手団:84名)
  • 2015年7月 第14回 夏季世界大会/ロサンゼルス(アメリカ)(参加:164ヵ国/地域、日本選手団:118名)

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop